様々な種類の保険とその必要性。

保険については最近色々なところで見聞きしたりする言葉だと思います。保険という言葉を聞くと大体の人は生命保険など思い浮かべるものですが、それらを一言で言っても生命保険から医療保険、または火災保険、地震保険、自動車保険などさまざまなものがあります。またそのような民間のものとは別に介護や雇用など公的なものも存在しています。実際その世界は現在はとても複雑なものとなっているのです。その証拠に料金の未払い問題などがでてきています。もっともシンプルで経済的で良心的なだけでいいはずなのに、どういうわけかその複雑になりすぎているシステムのなかで四苦八苦してしまっているのではないのでしょうか。そこで働く会社の営業マンでさえその内容をすべては把握はしていないと思います。どのような分野でも、複雑になりすぎてしまってはただ問題事を増やしてしまうだけで何の解決にもなりません。シンプルな中でこそそれらの機能は本来の機能をするはずなのに、気がついたらこんなに複雑になっていたということは何もこの世界の話しだけで済むようには思いません。どこに焦点を当てているかでその存在意義のようなものは簡単に変わり、そのことで本来のそれから遠のいてしまうとしたら、保険でさえもシンプルなものが望まれています。